ぶらり車の旅

夏の恒例帰省と家族旅行

家族旅行

家族揃って旅行なんてことは私がまだ小学生の時くらいしかなかったですね。中学に入ると部活に入り、友達と遊んだりすることを優先するようになったのですが、小学生の時は毎年夏休みに父親の実家まで車で旅行するのが恒例行事でした。

 

当時我が家が所有していた車は日産の軽自動車のマーチで青色の車でした。軽自動車ですが家族4人、内子供が2人なので全く問題なく乗ることが出来ましたし、荷物はトランクに入れているので車内は結構広々していました。

 

当時私達家族が暮らしていたのが大阪で、父親の実家が福岡にあったので約650キロの長距離ドライブで高速を使用し8時間くらいかかったように記憶しています。朝にこっちを出て昼をサービスエリアで休憩も兼ねてとって向こうに着くのが夕方といった所です。

 

ただ長距離ドライブは高速に乗っている場合は途中でトイレに行きたくなった場合に困りますね。近くにサービスエリアがあればいいのですが、なかったらしばらく我慢しなくてはなりません。だから水分は控えめで、間でトイレ休憩を挟みながらのドライブでした。それ以外は特にハプニングもなかったですね。

 

私の家は共働きだったので、普段の休みの日とかに母親は溜まった家事をしているし、そもそも父と母の休みも結構バラバラだったので、家族旅行の間はずっと一緒なのが楽しかった思い出ですし、福岡の豚骨ラーメンが好きで父親の実家に行く度にラーメン屋さんに行きたいとせがんでいたくらい楽しみでした。あと福岡のテーマパークスペースワールドにも何度か連れていってもらいました。

 

富士山見物の旅。予算は3倍オーバー!?

 

子供の頃、私は割と遊びに連れて行ってとお願いする事が多い子でした。
ただしそれが叶えられることは稀で、基本的に出不精な父親はほぼそのお願いを聞いてくれません。
しかしたまに乗ってくれるので、こっちも数打てば当たるの精神で毎回懲りずにお願いしていたのです。

 

ある日私が言ったお願いは、富士山が見たいというものでした。
長距離運転でも県内(三重県津市在住)程度しか叶えてくれない父親に対し、特に叶うとも思わずに言った台詞だったのです。
しかし機嫌が良かったのか気まぐれなのか、父親はこの長距離旅行に頷いてくれました。

 

今思うと、新車のカローラを買ってすぐだったので単に長距離運転してみたかっただけなのでしょう。
こちらとしては別に連れて行ってくれれば良かったので、その時ははしゃぎ回っていました。

 

さて当日、現地に朝につかなければいけないので、深夜に三重県を出発しました。
渋滞も特に無く国道経由で名古屋まで走り、東名高速に乗って御殿場ICへ降りたのです。
父親は深夜ドライブ中に、何度も登山になるんだから今のうちに寝ておけと忠告してくれましたが、楽しみで仕方が無い子供にそんなことを言っても眠れるわけがありません。
ましてや目的地は富士山、いつもの遠足とはレベルが違うのです。

 

そして父親の心配通り、現地での登山は寝てしまって不可能だった…。
そんなオチならまだ諦めもついたのですが、何と富士山周りの天気が良くないため、登山は止めておいた方がいいという現地でのまさかのストップでした。

 

今なら山の天気は変わりやすいというのも知っているのですが、当時は泣き喚きました。
実際の天気はちょっとした雲り程度で、天気が悪いと言われても全く納得できなかったのです。
その時は山頂付近は吹雪いていたそうで、初登山の子供が登れるような天候ではありませんでした。

 

しかしここまで来たのに何もせずというのは、両親も嫌だったようでそこからは富士サファリパークに目的地を変更しました。
単純なもので、動物を見た瞬間富士山のことはすっかり忘れ、全力で騒いでいた事を覚えています。
そしてその日のうちに帰るつもりが、腹いせのように名所巡りをしてしまい父親の気力が尽きる事態になってしまいました。
結局当日で滑り込める温泉旅館に電話して、もう一泊してのんびり帰宅しました。

 

予定予算を三倍もオーバーしたので、その年の夏休みの家族遠出イベントはそれだけになってしまいましたが、まあそれはそれでいい思い出です。
子供連れの家族旅行なんて、予定通りに行かなくて当たり前ですからね。

 

家族旅行で使う新しい車を買うならここ↓で値引きの情報をゲットすればかなり安く買えますよ!
中古車の値引きのコツ